仮想通貨の中で8割を占めるビットコイン、
投資目的に購入して保持する人が日本で増加しています。

でも、実際に日本円やドルのように支払でビットコインを
使っている人はまだまだ少ないかもしれません。

ここでは、公共料金である月々の電気代を
お手持ちのビットコインで決済する方法や
電気料金の使用量に応じてビットコインを貯める方法を
わかりやすく紹介していきます。

 

目次

  1. coincheckを利用して準備開始
  2. coincheckでんきプラン
  3. 登録方法
  4. まとめ

 

 

1.coincheckを利用して準備開始

まずは仮想通貨の取引所である、
coincheck/コインチェックを利用することが大前提となります。

そうすることで、電気料金の支払額に応じて、
ビットコインを積立で貯める事ができます。

ビットコインの価格は上下しているので、
毎月一定のビットコインを付与されることで、
「ドルコスト平均法」にもなります。

また、現在利用している電気の品質や仕組みを変えることなく、
電気代をビットコインで支払うこともできます。

気になる停電リスクについては、
電気の品質や送電の仕組みは同じなので安心です。

 

 

 

 

 

2.coincheckでんきプラン

プランを詳しく見比べてみましょう。

①ビットコイン付与プラン
電気料金、支払方法は従来通りで、削減した電気代をビットコインで還元します。
還元分のビットコインがcoincheckウォレットに貯まっていく仕組みです。

②ビットコイン決済プラン
既存の一般電気事業者のプランよりも電気代が4-6%程度安価です。
電気料金の支払をお手持ちのビットコインで決済できます。

coincheckでんき

引用元:https://coincheck.com/blog/2672

 

 

 

 

3.登録方法

では、実際の登録から利用までの流れは
どのようになるのか確認してみましょう。

1. coincheckアカウント登録
2. 申し込み
3. 電力の現契約を解約
4. メーター交換
5. 供給開始
6. 料金請求とビットコイン付与・決済開始

この様な手順で利用開始となります。

最初だけ少し手間に感じるかもしれませんが、
一度やってしまえば、後は自動でビットコインが貯まったり、
ビットコインで決済することができちゃいます。

 

 

 

4.まとめ

春の新生活で引っ越しや、ライフスタイルが変わる時期、
このタイミングで電気代の支払い方法を変えてみたり、
ビットコインを貯めてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://coincheck.com/faq/2694

まだ、コインチェックで登録していない方は、
まずは登録してアカウントを作成してみましょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

 


一緒に読んでね


ビットコインが使える飲食店5選~東京編~

ビットコイン生活!VISAカードにチャージして4,000万店舗で利用しよう