これまではBitcoinを投機目的として購入したり、購入を検討する人がほとんどだったと思います。

実際、私の周りでも投機目的で仮想通貨を購入している人がほとんど。

最近、増えたBitcoinの使い道として“寄付ができる”サービスが出てきました。

仮想通貨取引所である「bitFlyer」では、Bitcoinを通じて日本赤十字社に寄付をするキャンペーンを実施中。

困っている人を「助けたい」という想いをひとつに、世界中の人たちへBitcoinで寄付をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

Bitcoin寄付

 

日本赤十字社へBitcoinによるオンライン寄付をすることができます。

Bitcoinの寄付とは、お手持の“Copay”や“Blockchain.info”といった、Bitcoinウォレット、もしくはご自身のbitFlyerアカウントから寄付用BitcoinアドレスへBitcoinを送金するだけで、日本赤十字社に寄付をすることができます。

寄付をする手続きはとっても簡単で、でクレジットカードや銀行振込のような手間はかからないお手軽な方法。

 

 

 

日本赤十字社

引用元:http://www.jrc.or.jp/

赤十字について

赤十字は、アンリー・デュナン(スイス人:第一回ノーベル平和賞受賞者)が提唱した「人の命を尊重し、苦しみの中にいる者は、敵味方の区別なく救う」ことを目的とし、世界189の国と地域に広がる赤十字社・赤新月社のネットワークを生かして活動する組織です。

日本赤十字社はそのうちの一社であり、西南戦争における負傷者救護で初めての活動を行って以来、国内外における災害救護をはじめとし、苦しむ人を救うために幅広い分野で活動しています。

赤十字活動への支援

「苦しんでいる人びとを救いたい」という思いを結集する赤十字の活動に賛同いただき、ご協力をお願いいたします。皆さまから寄せられた寄付は、日本はもとより世界中で、人びとの命と健康、尊厳を守る赤十字活動に役立てられます。

 

 

 

Bitcoinでの寄付のしくみ

bitFlyerでは、PC・スマホからBitcoinで日本赤十字社へ寄付ができるシステムを提供。

Bitcoinで送金された寄付金は、3ヶ月に1度まとめられて、日本赤十字社へ全額寄付される仕組みになっています。

引用元:http://bitcoindonations.bitflyer.jp/

 

【bitFlyerのアカウントから寄付する場合】

上記の“bitFlyerで寄付する”をクリック。

アカウントの有無が出てきますので、bitFlyerのアカウントを持っている人は右をクリック。

 

お支払金額の欄に希望のBTC単位を記入すると、上の部分に日本円が表示されますので、金額を確かめて“金額確定”をクリック。

 

次に表示される画面でbitFlyerのアカウントIDを入力、登録アドレスにワンタイムパスを送付して支払のお手続きを行います。

 

【bitFlyerのアカウントから寄付する場合】

お手持ちのBitcoinアドレスから寄付する場合、Bitcoinウォレットを開く、または、一番下にあるアドレスかQRコードを読み取って、希望の寄付額を送金するだけ。

個人のBitcoinウォレットから寄付していますが、個人からではなくbitFlyerからの募金として、まとめて赤十字社に寄付になる為、領収証や税金控除の対象にはなりませんのでご注意が必要です。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回ご紹介した寄付では、手数料がかかることはありません。

寄付する金額にも制限はありませんので、こういった機会にお手持ちのBitcoinで寄付してみてはいかがでしょうか。

まだbitFlyerの口座をお持ちでない方はコチラから開設できます。
↓↓↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で