イーサリアムが20,000円台を突破しました!
(2017年5月22日現在)

その急騰の背景には、
今日から開催される米国ニューヨークでの
ブロックチェーンカンファレンス
大きく影響していると言えるでしょう。

開催日程は、
2017年5月22日~24日の3日間

式典への参加費用は$2699、
日本円でおよそ30万円と高額です。

http://www.coindesk.com/events/consensus-2017/

 

イーサリアムとリップルに注目

今回のカンファレンスでは、
リップルとイーサリアムが主役となっています。

現在リップルが40円台、
イーサリアムが2万円前後ですが、
この一週間で更に高騰という可能性が出てきました。

なぜなら、
世界の金融業界とIT業界が注目するカンファレンスで、
出席するのも名だたる企業が名を連ねます。

そして、
政界や大御所も多数出席されると予想されます。

そうなると、仮想通貨やビットコイン、
リップル、イーサリアムを知らなかった人も
このカンファレンスを機に知ることになります。

実態がない仮想通貨は、
プログラムとネット上で存在しています。

その内容を認知してもらうことで、
理解者が増えて便利で使いやすいものだと
わかってもらうことで価格上昇に繋がります。

このカンファレンスをきっかけに、
リップルやイーサリアムを買う投資家は増え、
開発会社へのスポンサー企業も増えることになるでしょう。

 

 

アルトコインの価格を左右するスポンサー

ちなみに、イーサリアムのスポンサーは、
Microsoft 、JPモルガン

リップルラボ社のスポンサーは、
Google、Facebookとなります。

更に今回のカンファレンスでは、
ブロックチェーンに関連する
超有名人のセミナーも目白押し。

BTCの大手取引所である
COINBASEのCEOをはじめ、
IBMの副社長やBlockchainのCEOなどなど、
かなり豪華なキャスティングです。

 

 

気になるネム(XEM)

以前からアルトコインに投資をしている

私個人的には、ネム(XEM)が気になります。

ネムといえば、中国の取引所で、
取り扱って欲しいアルトコインアンケートを行ったところ、
約8割の票を集め圧勝の1位を獲得。

まだ分かりませんが、
中国での取引が可能になった場合、
かなり高騰すると思われます。

そして、今回のカンファレンスに向けて、
ネムのオフィシャルTwitterでグッズが披露されています。

シール欲しいです。

リップル愛好者を通称“リップラー”と言いますが、
ネム愛好者の通称はあまり聞いたことがあります。

ネムラー”とでも言うのでしょうか。

 

 

まとめ

ともあれ、今日からはじまるカンファレンスで、
BTCをはじめとするアルトコインの価格が気になるところです。

この波に乗り遅れたくない人は、
コインチェックを開設してみてはいかがでしょうか。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


一緒に読んでね


リップルがロックアップを表明!50円超の価格高騰の理由

【Coincheck】「NEM」「Litecoin」「DASH」の取扱通貨追加