テックビューロ社が、実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOプラットフォーム「COMSA/コムサ」の開発を発表しました。

ICO(Initial Coin Offering)とは、企業に仮想通貨を発行させ資金調達を手助けしていくもので、新たな資金調達手段として注目が集まっています。

この開発で、2017年10月2日の14時〜 2017年11月6日14時までの期間、COMSAのICOが実施されます。

ICOについての詳細は、COMSA公式サイトICOページから見ることができます。

【前編】に続き、COMSAの内容について詳しくみていきましょう。

 

 

COMSAの戦略

COMSAの現在の戦略は、中央集権化された実ビジネスをまずブロックチェーン側に誘導し、それを非中央集権化された要素で拡張し、そして技術が成熟した暁にはそのビジネスモデルをさらに非中央集権化された状態へと改良していく、というものである。

現時点での我々のポリシーは、技術の黎明期に「限りなく非中央集権化を目指す」というものではなく、明確に「限りなく堅牢で、トラストレス、且つ監査可能であること」である。

テックビューロは当然ながら未来の経済は非中央集権化された環境であることを認識しつつも、であるからこそ、その豊富な経験を以て実経済のビジネスにおけるブロックチェーン技術の導入を現実的にサポートすることができる。

つまり、これまでの中央集権化されたビジネスサービスをブロックチェーン上で行うことによって、非中央集権化へと改良していくことと、非中央集権化を目指すのではなく、COMSAにより新サービス誕生の可能性がうまれるとのこと。

さらに、安全性と信頼性が高く、監査が可能なシステムであるということ。

テックビューロ(COMSA)は、豊富な経験を武器に、ブロックチェーン技術の導入を多くの企業にサポートすることができるようになります、といった内容ですね。

 

 

 

ICMSトークンの使い道

あくまでもCOMSAは、新サービス開発のプラットフォームであり、ICOに参加して配布されるCMSトークンを使って、プラットフォーム上で何かをできるということはありません。

では、このCMSトークンの用途はというと、COMSAプラットフォームを利用する企業が新たにICOを行う場合、CMSトークンでICOに参加すれば、企業が発行するトークンにプラス5%のボーナスが付与されます。

また、CMSトークン保持者には、クローズドのICOプレセールの招待券をもらえるなどの権利があるようです。

つまり、これから増えるであろう(?)COMSAプラットフォームを使った、企業の新たなICOにCMSトークン払いで参加することで、5%ボーナスなどの特典があるということになります

 

 

 

ZaifでCOMSAを取り扱い

COMSAのCMSトークンの売買ができるのは、今秋行われるICO終了後で、日本の仮想通貨取引所であるZaif〟になります。

今回のICOが活況し、仮にCOMSAが世界的に有名なアルトコインになれば、海外取引所であるbittrexやpoloniexなどでも上場(ICO)するかもしれませんね。

そうなると面白くなりそうですが、現実的にどうなるかは、現時点では誰にもわかりません。

 

 

 

COMSAのプラットフォームでICOを行う日本企業2社

ホワイトペーパーでも紹介されているのですが、COMSAのプラットフォームを利用してICOを行う日本企業が、すでに2社公表されています。

1. 株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証二部:2588)

 

 

2. 株式会社CAMPFIRE – 日本最大のクラウドファンディングサービス

東証二部に上場している株式会社プレミアムウォーターホールディングスと、クラウドファウンディングで有名な株式会社CAMPFIRE。

プレミアムウォーター社とCAMPFIRE社の2社は、新サービスをCOMSAのブロックチェーン上で開発し、独自のトークンである仮想通貨を発行(ICO)するということになります。

ん〜〜〜そう考えると、更にCOMSAに参画する企業が増えれば増えるほど、COMSAの価値も上がるのではなかろうかと予測することもできます。

そして、独自トークンを発行するICOにCMSトークンで参加することで、独自トークンをもらえる量がさらに5%増えるということにもなりますよね。

おそらく今回、発表された2社の独自トークンは、Zaifで取り扱えるようになるのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

これまで日本企業でICOを行うところは、ほとんどありませんでした。

日本企業であるテックビューロ社が、COMSAというプラットフォームを作ることをきっかけに、これまで仮想通貨に興味が無かった日本企業も、新サービス開発の為にCOMSAを利用したICOを実施するようになるのではないでしょうか。

そんな日本企業が増加して行く可能性に比例して、COMSAの価値はどのように推移するのか要注目。

ICOに参加するには、予めCOMSA公式サイトICOページからの登録が必要になりますので、ご興味ある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 


あわせて読みたい


「COMSA/コムサ」日本発ICOプラットフォームをテックビューロが発表【前編】

ビットコインの価値は今後も上がる可能性を秘めている?!

国内初!仮想通貨の盗難補償サービスが開始 

【仮想通貨】ハッキング被害に合わない為の7つのポイント